コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請件数、2週連続減少-オミクロン株の影響緩和

更新日時

先週の米新規失業保険申請件数は2週連続で減少となった。オミクロン変異株による新型コロナウイルス感染拡大を背景に、それまでの数週間は急増していた。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数(1月29日終了週)は2万3000件減の23万8000件
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は24万5000件
    • 前週は26万1000件(速報値26万件)に修正
U.S. jobless claims fell for the second consecutive week
 
 

  失業保険の継続受給者数は22日終了週に163万人に減少した。

  失業保険申請件数は過去1年にわたっておおむね減少してきた。労働力不足が続く中で企業は人材の確保に追われており、レイオフは過去最低水準にある。

  米労働省が4日に発表する1月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比15万人増と現時点では予想されている。ADPリサーチ・インスティテュートが2日発表した米民間雇用者数は30万1000人減少と、2020年4月以来の大幅な落ち込みを示していた。

米民間雇用者数、オミクロン株直撃で予想以上に急減-ADP統計 (1)

  季節調整前ベースの新規申請件数は1万1728件減の25万7002件。オハイオ、ケンタッキー、イリノイ各州で減少が目立った。一方、ペンシルベニア、ミシガン、インディアナ各州が最も増加した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Jobless Claims Decline for Second Week as Omicron Eases、U.S. Weekly Jobless Claims Fell 23K to 238K; Est. 245K(抜粋)

(統計の詳細を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE