コンテンツにスキップする

ECB、金融緩和を徐々に縮小へ-利上げは資産購入の完全な終了後

An attendee wears a protective face mask while watching Christine Lagarde, president of the European Central Bank (ECB), delivering a news conference in Frankfurt, Germany, on Thursday, Dec. 16, 2021. 

An attendee wears a protective face mask while watching Christine Lagarde, president of the European Central Bank (ECB), delivering a news conference in Frankfurt, Germany, on Thursday, Dec. 16, 2021. 

Photographer: Andreas Arnold/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)は3日、新型コロナウイルス対策の金融緩和の解除を緩やかに進める方針をあらためて示した。記録的な高インフレで、市場には年内利上げの観測が高まっている。

  政策委員会は2022年を通じて債券購入を減らし、資産購入を完全に終了させた後に利上げをすると表明した。

Bond Buying

ECB seen slowing net purchases this year before halting them next March

Source: Bloomberg survey of economists conducted Jan. 21-26

決定は以下の通り。

  • 中銀預金金利はマイナス0.5%で据え置き
  • 予測が持続的な2%のインフレ率を示し、基調的物価圧力がこの目標に一致するまでは、利上げは行わない
  • 資産購入プログラム(APP)は4-6月(第2四半期)に月400億ユーロのペースで実施し、7-9月(第3四半期)は300億ユーロ、10月以降は200億ユーロとする
  • 銀行向け長期資金供給の特別条件は6月に終了する

Inflation Outlook

Prices are surging faster than ECB predicted in December

Source: ECB, Eurostat

 

原題:

ECB Sticks to Gradual Stimulus Exit as Bets on 2022 Hikes Build(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE