コンテンツにスキップする

異次元緩和が地銀に悪影響、「トータルでも認めない」-日銀総裁

更新日時

日本銀行の黒田東彦総裁は2日、異次元緩和が全体として地域金融機関の経営に悪影響を与えているとの指摘に対し、「認めない」と語った。衆院予算委員会で階猛氏(立憲民主)の質問に答えた。

一問一答は以下の通り。

階氏「今、地域金融機関の利益が減ってきている。その一因となっているのが日銀の異次元緩和ではないかと聞いている。認めるか認めないか。そこだけお答えください」

黒田総裁「低金利環境は金融機関経営にさまざまな程度で影響を及ぼしていることは事実でありますが、先ほど申しましたように、こうした積極的な金融緩和の下で金融機関の経営にプラスの影響を及ぼしているわけでありまして」

階氏「トータルで聞いている」

黒田総裁「一概にですね」

階氏「トータルで聞いている」

黒田総裁「トータルでも」

階氏「認めないのか」

黒田総裁「認めません」

他の発言

  • 低金利環境、地域金融機関経営に影響与えたのは事実
  • 積極緩和、地域金融機関の収益にプラスの影響も
Bank of Japan Governor Haruhiko Kuroda Speaks After Rate Decision
日本銀行の黒田東彦総裁 (2022年1月18日)
Photographer: Jun Hirata/Kyodo News/Bloomberg
(詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE