コンテンツにスキップする

マンチン上院議員、支出法案は「死に体」-協議の仕切り直し必要

更新日時
  • 法案の中核部分復活には協議を最初からやり直す必要とマンチン氏
  • シューマー民主上院院内総務、法案の修正案の復活に取り組んでいる
Senator Joe Manchin, a Democrat from West Virginia.

Senator Joe Manchin, a Democrat from West Virginia.

Photographer: Al Drago/Bloomberg

米民主党中道派のマンチン上院議員は1日、バイデン大統領が成立を目指す約2兆ドル(約230兆円)規模の税制・支出法案「ビルド・バック・ベター」について、既に「死に体」となっており、法案の中核部分を復活させるためには協議を最初からやり直す必要があると指摘した。

Congress Readies Bill To Raise Debt Limit
マンチン議員
出所:ブルームバーグ

  同議員は連邦議会議事堂で記者団から同法案について質問を受けた際、「ビルド・バック・ベター法案だって? もう死に体だよ」と答えた。その上で、新たに協議するのであれば全て白紙の状態から始める必要があると指摘した。

「交渉ない」とマンチン上院議員-バイデン氏の経済施策なお膠着状態

  マンチン議員は同法案が成立した場合、社会的支出によりインフレ進行が加速する懸念に言及してきた。しかしこの日、大統領の経済施策の中核を成す税制、気候変動対策、社会的支出に関して従来より強い語調でコメントした。

  同議員は昨年12月、同法案を巡るホワイトハウスとの交渉を打ち切り、協議は暗礁に乗り上げていた。バイデン大統領は先月、税制・支出法案の分割が必要になるとの見解を示した。

バイデン米大統領、税制・支出案の分割必要になるのは明らか (1)

  一方、シューマー民主党上院院内総務は1日、法案の何らかのバージョンの復活に取り組んでいると明らかにしたが、時間的な見通しは示さなかった。

  シューマー氏は「法案には極めて重要な条項が多くあり、その多くは薬価も含め、マンチン議員も支持している」とし、「従ってわれわれは取り組みを続けており、現在もマンチン氏と別の上院議員らとの間で話し合いが存続している」と説明した。

  ホワイトハウスのサキ報道官はこの日、政権当局者がマンチン議員ら民主党議員と接触しているかどうかについてコメントを控えた。

原題:Manchin Says Biden Plan ‘Dead’, Talks Must Start From Scratch(抜粋)

 

(マンチン氏やシューマー氏のコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE