コンテンツにスキップする

米求人件数、12月は予想外の増加-自発的離職者は小幅に減少

更新日時
A "We're Hiring! sign outside a Murphy USA gas station in La Grange, Kentucky, U.S.

A "We're Hiring! sign outside a Murphy USA gas station in La Grange, Kentucky, U.S.

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

米国の求人件数は2021年12月に予想外に増加。自発的離職者は小幅に減少した。新型コロナウイルスの感染急拡大にもかかわらず、労働市場では需要が堅調を維持したことが、米労働省雇用動態調査(JOLTS)で示唆された。

キーポイント
  • 12月の米求人件数は1090万件に増加
    • エコノミスト予想の中央値は1030万件
    • 前月は上方修正され1080万件
  • 離職率は2.9%
    • 前月は3%と過去最高を記録
    • 自発的離職者数は前月に記録した過去最多から小幅に減少

  12月下旬には新型コロナのオミクロン変異株が猛威を振るい、一時的に事業を閉鎖する企業もあったが、求人件数は高い水準を維持した。1月に求人が減少した可能性もあるが、向こう数カ月かけて消費需要は強まるとみられ、雇用主は人員増強を図り、感染拡大の影響は短期にとどまるとエコノミストは予想している。

U.S. job openings increased in December, remain near record high
米求人件数(季節調整後)
出所:労働統計局

  求人件数は宿泊・食品サービス、情報業界、州・地方政府、教育で増加。金融・保険、卸売りでは減少した。

  雇用された労働者は630万人に減少。専門職とビジネスサービスで大きく減った。採用率は4.2%に小幅低下。4カ月ぶりの下げとなった。レイオフと解雇は120万人とほぼ変わらず。

  JOLTS12月分の詳細は、統計表をご覧ください。

原題:U.S. Job Openings Rose Unexpectedly in December, Quits Ease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE