コンテンツにスキップする

エクソンモービル、10-12月利益は2014年以来の最大-燃料価格上昇で

  • アジアや欧州での供給不足を背景に、天然ガスや原油価格が高騰
  • 債務の縮小進める、キャッシュフローは拡大
An Exxon Mobil gas station in San Francisco, California, U.S., on Thursday, Jan. 27, 2022. 

An Exxon Mobil gas station in San Francisco, California, U.S., on Thursday, Jan. 27, 2022. 

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米石油大手エクソンモービルは新たな油井などプロジェクトへの支出を最大45%拡大する。エネルギー価格の広範な上昇を背景に、2021年10-12月(第4四半期)決算は利益がほぼ8年ぶりの高水準となった。

  1日の発表によると、一時項目を調整したベースの純利益は1株当たり2.05ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均を12セント上回った。エクソンは10-12月に90億ドル(約1兆300億円)の債務を返済し、負債残高は新型コロナウイルス禍前の水準に減少した。

  キャッシュフローを示す指標の一つは同四半期に180億ドル近くと、前年同期の3倍余りに拡大した。原油やガス価格が急上昇したことが背景にある。

  天然ガスの売り上げが10-12月業績を押し上げる主因となった。欧州全域やアジアの一部地域が燃料不足に見舞われる中、エクソンなどのエネルギー供給会社は大幅なリターンを計上。原油価格の上昇もエクソンへの追い風となった。

Exxon has outperformed rivals this year, regained Big Oil's top spot
石油大手各社の株式時価総額
出所:ブルームバーグ

 

原題:

Exxon Reaps Biggest Profit Since 2014 as Energy Prices Rally (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE