コンテンツにスキップする

スポティファイ株急伸、人気ポッドキャスター巡る混乱の収拾に動く

  • ジョー・ローガン氏はコロナ巡り一段とバランス取れた番組作り約束
  • ニール・ヤングさんの抗議に続く先週の株価下落を打ち消す

1月31日の米株式市場で音楽ストリーミングサービス、スポティファイ・テクノロジーの株価が13%高となった。同社は人気ポッドキャスター、ジョー・ローガン氏の番組を巡る騒動の沈静化を図ろうと、新型コロナウイルス感染症に言及するポッドキャストにコンテンツに関する注意を追加すると表明した。

  ローガン氏が広めた新型コロナ情報の正確性を巡りユーザーやミュージシャンからの圧力が高まっていたスポティファイは、コンテンツに適用する既存の自社ルールを公表した。一方、ローガン氏は論争を招いたことを謝罪した上で、新型コロナについてより詳しい調査に基づく一段とバランスの取れた番組作りを約束した。

  スポティファイの株価終値は196.26ドル。先週の12%下落を打ち消した形となった。

Spotify Adds Covid Notices In Effort To Stop Rogan Boycotts
スポティファイ上のニール・ヤングさんのページ
Photographer: Gabby Jones/Bloomberg

  ロック歌手ニール・ヤングさんは、新型コロナワクチンに懐疑的な発言を積極的に行うゲスト数人を番組に招いたローガン氏に抗議し、自分の楽曲をスポティファイから引き揚げていた。ジョニ・ミッチェルさんら他のミュージシャンもヤングさんの動きに続いていた。

原題:Spotify Soars 13% After Addressing Turmoil Over Joe Rogan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE