コンテンツにスキップする

米政府、北朝鮮と前提条件なしで交渉の用意-ミサイル発射受け

更新日時
  • 北朝鮮は2017年以来となる中距離弾道ミサイル発射実験を確認
  • 米国は北朝鮮側といつでもどこでも会う用意-バイデン政権高官
U.S. President Joe Biden

U.S. President Joe Biden

Photographer: Justin Merriman/Bloomberg

バイデン米政権は、北朝鮮と前提条件なしで交渉の用意があるとあらためて表明した。北朝鮮は31日、2017年以来となる中距離弾道ミサイルの発射実験を30日に行ったことを確認した。

北朝鮮、30日に「火星12型」弾道ミサイル試射と確認-朝鮮中央通信

  米高官は北朝鮮の最近の相次ぐミサイル発射について、不安定化をもたらし、北朝鮮の近隣国および域内の駐留米軍への脅威であるほか、国連安保理決議にも違反していると指摘。米国は北朝鮮に関し外交に引き続きコミットしているが、対話の提案に対する回答を北朝鮮から受け取っていないと高官は説明した。

  高官は外交が失敗した場合、米国がどう行動する可能性があるかについては説明しなかった。解決には朝鮮半島の非核化を巡る直接的な関与と外交が必要になるとした上で、米国は北朝鮮との直接の協議を求めており、前提条件なしでいつでもどこでも会う用意があると付け加えた。

  ただ、北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党総書記とバイデン大統領の会談の機は熟していない。大統領は会談には明確な目的が必要だと述べており、こうした状況は整っていないと高官は説明した。

NKOREA-POLITICS-KIM
中距離弾道ミサイル「火星12型」の発射(2017年9月)
Source: AFP

原題:U.S. Seeks North Korea Talks After Biggest Missile Test in Years(抜粋)

(米高官の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE