コンテンツにスキップする

ロシアは西側からの説明待ち、次の提案の判断材料に-ラブロフ外相

Sergei Lavrov, Russia's foreign minister, speaks at Miraflores Palace in Caracas, Venezuela, on Friday, Feb. 7, 2020. 

Sergei Lavrov, Russia's foreign minister, speaks at Miraflores Palace in Caracas, Venezuela, on Friday, Feb. 7, 2020. 

Photographer: Carlos Becerra/Bloomberg

ロシアはウクライナ危機を巡る次の提案を示す前に、欧州の安全保障協定の履行義務について西側諸国から説明を受けたいとラブロフ外相が述べた。

  同外相は30日にロシア国営テレビで、他国の安全保障を損なうような自国の安全保障強化を否定した欧州安保協力機構 (OSCE)の義務について、北大西洋条約機構(NATO)とOSCEの加盟国がどう守るつもりなのか説明を求めると述べた。

  ロシア外務省の公式要請に対する回答は、「今後の提案における重要な判断材料となり、プーチン大統領に報告される」とラブロフ外相は述べた。

 

関連記事

英、NATO同盟国支援で大規模な派兵を検討-ジョンソン首相

バイデン大統領、東欧に米軍を「近く」派遣-英ロ首脳会談との報道も

米国とEU、対ロシア制裁の策定進める-国債や銀行、個人が標的

 

 

原題:Lavrov Suggests Russia Will Wait Longer Before Ukraine Response(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE