コンテンツにスキップする

アップルがiPhoneの新機能計画、クレカのタップだけで決済-関係者

  • 現在iPhoneで支払い受けるにはスクエアなどの決済端末が必要
  • アップルは20年に加モビーウェーブを1億ドルで買収し新機能開発
A customer uses an Apple Inc.

A customer uses an Apple Inc.

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルは小規模事業者が新たなハードウエアを導入せずに「iPhone(アイフォーン)」で直接支払いを受けられる新サービスを計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同社はクレジットカードをタップするだけで支払いを受けられるスマートフォン技術を開発したカナダのスタートアップ、モビーウェーブを約1億ドル(現在のレートで約115億円)で買収した2020年以降、新機能の開発に取り組んでいる。このシステムは同社の電子決済「アップルペイ」で使用されているNFC(近距離無線通信)チップを使う可能性が高いという。

Square Inc. Devices As Mobile Payments Market Set To Grow
アイフォーンを使ってスクエアの決済端末で支払いする顧客(2018年、サンフランシスコ)
Source: Bloomberg

  現在アイフォーンで支払いを受けるには、事業者はブロック社のスクエアなどの決済端末を使う必要がある。一方、アップルが開発中の機能はアイフォーンを決済端末として用い、屋台や美容室などの事業者は自分の端末の背面にクレジットカードや別のアイフォーンをタップするだけで支払いを受けられる。

アップル、スマホ決済テクノロジーの加モビーウェーブを買収-関係者

  こうした決済オプションがアップルペイの一部として位置付けられるかどうかは不明だが、関係者の話では、この機能の開発チームはモビーウェーブからアップル入りして以来同社の決済部門で勤務しているという。アップルがこの機能のために既存の決済ネットワークと提携するか、単独で投入する意向なのかも不明。

  関係者によれば、アップルは今後数カ月中に行うソフトウエアアップデートを通じてこの機能を導入し始める可能性もある。同社は近い将来に「iOS15.4」の初のベータ版をリリースする見通しで、顧客向けの最終リリースは早ければ春の可能性がある。アップルの広報担当はコメントを控えた。

原題:

Apple to Let IPhones Accept Payments With Just a Credit Card Tap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE