コンテンツにスキップする

キャシー・ウッド氏に逆張りETFが勝利-設定以降61%値上がり

  • 逆張りファンド開始はどうかとのツイートがきっかけで昨年11月設定
  • ウッド氏のアーク・イノベーションETFは同期間に43%下落
Catherine Wood
Catherine Wood Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

著名投資家キャシー・ウッド氏の上場投資信託(ETF)の成績が低迷する中で、逆張りのファンドを開始してはどうかというツイートが昨年あった。

  マシュー・タトル氏はそのツイートを見て、「素晴らしいアイデアだ」と思った。ブームになっていた特別買収目的会社(SPAC)合併銘柄は勢いを失い、その下落を見込む同氏のファンドは好調だった。ウッド氏に対する逆張りも時宜を得ているとタトル氏(53)は考えた。

  約1週間後、同氏は「タトル・キャピタル・ショート・イノベーションETF(SARK)」の上場を申請した。これはウッド氏の旗艦ファンド、アーク・イノベーションETF(ARKK)に対する逆張りファンドだ。

キャシー・ウッド氏旗艦ファンドに逆張りのETF、設定の見通し

relates to キャシー・ウッド氏に逆張りETFが勝利-設定以降61%値上がり
マシュー・タトル氏
 

  120億ドル(約1兆3700億円)規模のウッド氏のファンドに比べ小粒だが、利上げ見通しを背景にARKKがつまずく中で最近の成績は好調だ。利上げ見通しはズーム・ビデオ・コミュニケーションズやロク、スポティファイ・テクノロジーなどARKKの主要投資先である高成長銘柄の重しになった。

  昨年の届け出によると、タトル氏のファンドはスワップを使ってARKKと逆のパフォーマンスを目指す。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、SARKは昨年11月9日の取引開始から今月26日までで61%上昇。ARKKは43%下落となっている。この期間にSARKには約2億9800万ドルが流入し、ARKKからは9200万ドルが純流出した。

  ARKKの空売り比率は過去最高で10%に近づいているとIHSマークイットのデータが示している。ウッド氏の他のETFの空売り比率も過去最高に近い。

  ウッド氏の広報担当者はコメントを控えた。

 

原題:

When Cathie Wood Loses, He Wins, and It Started With a Tweet (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE