コンテンツにスキップする

イラン外相、米国との直接協議検討も-核合意再建に向け

イランのアブドラヒアン外相は、核合意再建に向け重要な進展が見られた場合、同国は米国との直接協議を検討するだろうと述べた。

  2015年イラン核合意の再建を目指す当事国代表によるウィーンでの交渉の第8ラウンドはこう着状態に陥っている。イランと米国は現在、それぞれ欧州連合(EU)代表を介して交渉を進めている。

  国営テレビによれば、同外相は「交渉の過程で、トップレベルでの良い合意に向け米国側との一定レベルの協議が必要になった場合は、われわれはこの機会を逃さないだろう」と記者団に語った。

原題:Iran May Consider Direct U.S. Talks Over Nuclear Guarantees (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE