コンテンツにスキップする

「龍が如く」の名越氏がゲームスタジオ設立-中国ネットイース傘下で

Toshihiro Nagoshi
Toshihiro Nagoshi Photographer: Edge Magazine/Edge Magazine/Future

中国ゲーム大手のネットイース(網易)は24日、人気ゲーム「龍が如く」シリーズの生みの親として知られる名越稔洋氏を採用し、渋谷区恵比寿に「名越スタジオ」を設立したと発表した。

  名越氏が社長を務める同スタジオのウェブサイトによると、セガサミーホールディングス傘下のセガで「龍が如く」シリーズのディレクターやプロデューサーを務めた佐藤大輔氏や、同シリーズでアートディレクターを務めた細川一毅氏なども入社した。

  ネットイースの発表文によると、名越スタジオはコンソール用に世界に向けて発売するゲームの制作に注力するという。

ネットイース、セガの著名ゲーム制作者獲得で交渉-日本進出を拡大

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE