コンテンツにスキップする

マクロン氏支持率が37%に低下、4月の仏大統領選控え-調査

更新日時
  • マクロン大統領の支持率は前月の41%から低下-不支持率60%
  • 別の世論調査ではマクロン氏支持率が引き続き対立候補上回る
Emmanuel Macron, France's president, center, waves as he arrives at the Chanel 19M campus, home to some of its heritage suppliers, in Aubervilliers, France, on Thursday, Jan. 20, 2022. 19M is a design initiative from Chanel which covers 25,000 square meters over seven floors and houses 600 people and 11 Metiers d'Art.
Emmanuel Macron, France's president, center, waves as he arrives at the Chanel 19M campus, home to some of its heritage suppliers, in Aubervilliers, France, on Thursday, Jan. 20, 2022. 19M is a design initiative from Chanel which covers 25,000 square meters over seven floors and houses 600 people and 11 Metiers d'Art. Photographer: Benjamin Girette/Bloomberg

4月10日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票まで3カ月を切る中で、マクロン大統領の支持率が低下している。

  23日に公表された仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)の委託でIfopが行った調査によれば、マクロン大統領の支持率は1月に37%と、前月の41%を下回り、昨年3月以来の大きな落ち込みとなった。不支持率は60%。

     マクロン大統領にとても満足していると回答した人の割合はわずか7%で、かなり不満と答えた人の割合は30%だった。同氏の支持率は昨年春の水準と同程度。カステックス首相の支持率は6ポイント低下の34%。 

  調査は1月14日から20日まで1952人を対象にオンラインや電話で実施された。誤差率はプラスマイナス2.2ポイント。

  マクロン大統領は依然として再選を目指す方針を公式には示していないものの、第1回投票での投票意向に関する別の世論調査では、同氏の支持率は約25%と、極右政党や右派出身の対立候補を上回っていた。第1回投票の上位2候補が4月24日に行われる決選投票に進む。

原題:Macron’s Approval Rating Falls to 37% as French Election Looms(抜粋)

(詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE