コンテンツにスキップする

米ロは対話継続へ、ウクライナ懸念は「ヒステリー」とロシア外相

更新日時
  • 米政府、駐ウクライナ外交官家族の退避是非を検討-関係者
  • ブリンケン氏、ロシア側の懸念に近く書面で回答へ
National flags of the U.S. and Russia at the waterfront near Villa La Grange ahead of the U.S. Russia summit in Geneva, Switzerland, on Tuesday, June 15, 2021. 

National flags of the U.S. and Russia at the waterfront near Villa La Grange ahead of the U.S. Russia summit in Geneva, Switzerland, on Tuesday, June 15, 2021. 

Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

ジュネーブで21日開かれた米国とロシアの外相会談は、ウクライナを巡る対立の解消に向けて何ら明確な進展を得られず、対話を継続することで合意した。

  ブリンケン米国務長官は90分に及んだ会談を終え、米国はロシア側の懸念に対して近く書面で回答すると表明。ロシアのラブロフ外相はウクライナを巡って西側が抱く懸念を「ヒステリー」と表現、ロシアに隣国を攻撃する計画はないとあらためて言明した。

  ブリンケン長官は3日間の欧州歴訪を終えるにあたり、「ロシアにウクライナ攻撃の意図がないことを国際社会に信じてもらいたいならば、まず緊張緩和から始めるのが非常に有効だ」と述べた。米ロの交渉はあまり感情的ではない環境で行われるべきだとの見解で両者は一致したが、ラブロフ外相は現時点で会談が正しい軌道にあるかどうか言えないとした。

米大統領、ロシアにあらためて警告-ウクライナ侵攻なら高い代償

  緊迫した状況に変わりはない。事情に詳しい関係者らによれば米当局者らは現在、ウクライナ駐留外交官の家族を国外退避させるかどうか検討している。退去は念のための措置ではあるが、情勢がさらに悪化しかねないことを示唆している。

  検討されている計画では、重要職務に就いている職員以外は自主的に退去することが可能となり、家族には帰国が命じられる。未決定の事案であることを理由に匿名で話した関係者らによれば、近日中に発表される可能性がある。

relates to 米ロは対話継続へ、ウクライナ懸念は「ヒステリー」とロシア外相
ジュネーブで会談するブリンケン米国務長官(左)とロシアのラブロフ外相(右)
Photographer: Alex Brandon/Pool AP

 

原題:Blinken Vows More Talks; Lavrov Dismisses Ukraine ‘Hysteria’ (1)(抜粋)

 

(ウクライナ駐留外交官の家族に関する米政府検討について最終2段落に追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE