コンテンツにスキップする

中国恒大のドル建て債が急上昇、大規模な債務再編に進展の兆し

  • 広東省政府、3月までに債務再編の枠組み発表へ-REDD
  • 2025年償還債は額面1ドル当たり16.9セント、前日から4.9セント上昇
Unfinished apartment buildings at the construction site of a China Evergrande Group development in Beijing, China, on Thursday, Jan. 6, 2021. 

Unfinished apartment buildings at the construction site of a China Evergrande Group development in Beijing, China, on Thursday, Jan. 6, 2021. 

Photographer: Andrea Verdelli/Bloomberg

中国の不動産開発大手、中国恒大集団のドル建て債が21日の取引で4カ月ぶりの大幅上昇。債務再編に進展の兆しが見られたことが材料視された。同社の債務再編は、中国で過去最大級となる可能性が高い。

  同社の2025年償還債は額面1ドル当たり16.9セントと前日から4.9セント上昇し、昨年9月後半以降で最大の上昇を記録する勢い。オンライン情報プラットフォームのリスク・イベントドリブン・アンド・ディストレスト(REDD)はこの日、広東省政府が3月までに債務再編の枠組みを発表する計画だと伝えた。

  REDDが情報源を明示せずに報じたところによると、中国恒大の債務について広東省政府は法廷外での再編を提案し、オンショア債務の再編からオフショアの債務と資産を切り離すことを計画。合計で約55億ドル(約6260億円)と評価される電気自動車と不動産管理部門を含む資産売却を活用し、オフショア債務のうち1500億元(約2兆7000億円)の返済を目指すという。

  中国恒大はブルームバーグのコメント要請に応じなかった。

  嘉浩資本(香港)の債券責任者アンソニー・レオン氏は「速やかな解決に向け政府が支援する姿勢は、投資家にとって朗報だ」と指摘。中国恒大の債務再編の「規模と複雑さ」を考えれば、3月までの計画発表は極めて速いと付け加えた。

Evergrande's dollar bonds climb most in four months on restructuring progress
 
 
関連記事
中国恒大のオフショア債保有者に本人確認通知-再編に向けた一歩か
中国恒大、新たにアドバイザー起用へ-債務問題への対応で
中国恒大に法的措置も辞さず、海外投資家含む債権者グループが表明

原題:

Evergrande Dollar Bonds Jump on Signs of Restructuring Progress(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE