コンテンツにスキップする

ペットスマート、KKRのSPAC通じた株式公開に向け協議-関係者

  • ペット用品販売ペットスマートの価値を約1兆5900億円と評価か
  • BCパートナーズ率いるグループは2015年にペットスマートを買収

米ペット用品販売大手ペットスマートは、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKRが出資する特別買収目的会社(SPAC)を通じた株式公開に向け協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  BCパートナーズが出資するペットスマートの価値を140億ドル(約1兆5900億円、債務を含む)と評価する取引になると、関係者のうち1人は説明した。情報の非公開を理由に匿名で語った。

PetSmart Begins $2.35 Billion Junk Bond Sale In Split From Chewy
ニューヨーク・ブルックリンのペットスマート店舗
写真:Mark Kauzlarich / Bloomberg

  SPACのKKRアクイジション・ホールディングスIは昨年3月の新規株式公開(IPO)で13億8000万ドルを調達した。SPACを通じた他の取引と同様に、ペットスマートはKKRアクイジションとの合併後に公開企業となる仕組みという。

  協議は初期段階にあり、合意に至らない可能性も残っていると関係者らは指摘した。

  ペットスマートとBCパートナーズの担当者からコメントは得られていない。KKRの広報担当者はコメントを控えた。

  ペットスマートは2015年にBCパートナーズ率いる複数のPE投資会社に87億ドルで買収された。ペットスマートは17年にペット用品ネット通販のチューイーを買収。チューイーはその後、ニューヨーク証券取引所に上場した。

原題:

KKR SPAC Is Said to Weigh Deal for PetSmart at $14 Billion Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE