コンテンツにスキップする

FOMCは8回利上げへ、マラソン・アセットのリチャーズ氏が予想

Bruce Richards, chief executive officer of Marathon Asset Management LP, speaks during a Bloomberg Television interview in New York, U.S., on Wednesday, Dec. 20, 2017. 

Bruce Richards, chief executive officer of Marathon Asset Management LP, speaks during a Bloomberg Television interview in New York, U.S., on Wednesday, Dec. 20, 2017. 

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)はインフレ抑制のために政策金利を8回引き上げることになるだろうと、マラソン・アセット・マネジメントを共同創業したブルース・リチャーズ最高経営責任者(CEO)は予想する。

  金融引き締めはいずれリセッション(景気後退)をもたらすと、リチャーズ氏は19日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで話した。

マラソン・アセット・マネジメントのブルース・リチャーズCEO
出所:ブルームバーグ

  「金融環境の引き締まりと今の高インフレのために成長が減速し、消費者の支出能力は損なわれる。向こう1年に起きるのはこういう事態だ」と述べた。

  リセッションは24年半ばを予想しているとし、大恐慌までさかのぼった過去の分析に基づくと利上げ開始からリセッションまでに平均2年の時間差があるとの報告をその根拠に挙げた。

  リチャーズ氏は「この先はどの市場も信じ難いほど脆弱(ぜいじゃく)になるだろう」と述べた。

原題:Marathon Asset CEO Richards Expects Eight Fed Rate Increases(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE