コンテンツにスキップする

NY連銀製造業景況指数、1月は急低下-オミクロン株の影響示唆

更新日時
GMC Hummer electric vehicles on the production line at General Motors' Factory ZERO all-electric vehicle assembly plant in Detroit, Michigan.

GMC Hummer electric vehicles on the production line at General Motors' Factory ZERO all-electric vehicle assembly plant in Detroit, Michigan.

Photographer: Emily Elconin/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

1月のニューヨーク連銀製造業景況指数は前月から大幅に低下した。受注と出荷の指数がいずれも急激に落ち込み、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大で活動が抑制されたことを示唆した。

キーポイント
  • NY連銀製造業景況指数はマイナス0.7に低下-前月31.9
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想全てを下回る
    • 予想中央値は25
    • 指数はゼロが活動の拡大と縮小の境目
Activity at New York manufacturers slumped along with orders, shipments
NY連銀製造業景況指数(上)、新規受注指数と出荷指数(下)
出所:NY連銀

  今回の調査期間は1月3-10日で、新型コロナ感染が増えていた時期に当たる。

  同景況指数の32.6ポイントの低下幅は、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まった直後の2020年4月以来の大きさ。新規受注の指数は32.1ポイント下げて、マイナス5。出荷の指数は26.1ポイント低下して1となった。

  入荷遅延の指数はわずかに低下。週平均就業時間と雇用者数の指数も拡大ペースが鈍化した。

  今回の統計ではまた、インフレが今年も根強く高止まりする可能性を示唆。仕入価格と販売価格の指数はいずれも低下したが、6カ月先の両価格の見通しを示す指数はともに統計開始以来の最高水準に上昇した。

New York factories see firm growth, more investment six months from now
6カ月先の景況見通しを示す指数(上)、6カ月先の設備投資とテクノロジー投資の見通し指数(下)
出所:NY連銀

  6カ月先の景況見通し指数は35.1と、堅調な水準を維持。新規受注見通しの伸びを反映した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:

Drop in New York Manufacturing Hints of Omicron Effect (Correct) (抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE