コンテンツにスキップする

トルコ大統領が金融政策巡る主張を後退、金利は緩やかで段階的に低下

Turkish President Recep Tayyip Erdogan.

Turkish President Recep Tayyip Erdogan.

Photographer: GENT SHKULLAKU/AFP

トルコのエルドアン大統領は、金利は緩やかかつ段階的に下がると発言した。週後半にトルコ中央銀行が政策決定会合を控える中で、これまでの急速な利下げの主張を後退させた。

  国営アナドル通信によると、エルドアン氏は「為替レート、金利はゆっくりと段階的に、急がずに低下する」とアルバニア訪問からの帰路に記者団に語った。

  トルコのネバティ財務相はブルームバーグとの先週のインタビューで、経済が1-3月(第1四半期)にどう展開するか様子を見たいとの意向を示していた。この路線に大統領の発言は一致する。

  トルコ中銀は昨年9月以降、政策金利を5ポイント引き下げ、金融緩和の効果を見極めるため3月末まで緩和を停止する方針を示している。次回の政策会合は20日に開かれる予定で、大統領の発言は政策据え置きを示唆している。

原題:

Turkey’s Erdogan Shifts Tone to Signal Slower, Gradual Rate Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE