コンテンツにスキップする

ゴールドマン、10-12月は予想外のトレーディング減収-株価急落

更新日時
  • 株式トレーディング収入は11%減、株価は一時9%に迫る下げ
  • 報酬と諸手当の費用は21年に33%増え177億ドル
The Goldman Sachs & Co. logo is displayed at the company's booth on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York.
The Goldman Sachs & Co. logo is displayed at the company's booth on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York.

ゴールドマン・サックス・グループの2021年10-12月(第4四半期)は、株式トレーディング収入が低迷した。新型コロナウイルス禍がきっかけとなった取引ブームが勢いを失いつつあることが示された。一方で同社は報酬の面で費用を増やした。

  18日の決算発表によると、トレーディング収入は前年同期比7%減少し、小幅増を見込んでいたアナリスト予想を下回った。株式トレーディング収入は11%減と落ち込んだ。通年の収入と利益は過去最高となったものの、トレーディング事業の今後について投資家が抱く懸念にゴールドマン経営陣は対応する必要がある。

  経費の大きな部分を占める報酬と諸手当は21年に33%増え、177億ドル(約2兆300億円)となった。

ゴールドマン、最上位1%幹部に一度限りの特別賞与-好成績に報いる

  JPモルガン・チェースシティグループの幹部はそれぞれ先週の決算発表時に、今年のウォール街の利益に関する市場予想を引き下げるような見通しを示した。

  新型コロナによる相場のボラティリティー上昇がもたらした取引ブームが衰え始めている兆候に加え、人材つなぎ留めのための人件費上昇にも各社は見舞われている。

  ゴールドマンの株価は一時、前営業日比8.9%安と急落し、20年6月以来の下げ幅となった。昨年1年間では45%高とコロナ禍の勝ち組だったが、投資家の焦点はすでに、これまでに比べ市場が落ち着いた状況で同社の業績がどう推移するかに移っている。

ゴールドマンが決算発表
Source: Bloomberg

  第4四半期の投資銀行業務収入は38億ドルと、アナリスト予想平均の30億7000万ドルを上回った。M&A(企業の合併・買収)助言と債券引き受けが主導した。債券引き受け業務の収入は80%増。一方、株式引き受けは8%減だった。

  代替投資プラットフォームを含む資産運用部門は10%減収。個人および富裕層向け事業は19%増収だった。

  第4四半期の純利益は前年同期比13%減少し、1株当たり利益は10.81ドル。ブルームバーグがまとめた調査で調整後1株利益の予想平均は11.65ドルだった。

  全社レベルの収入は126億ドル。予想平均は120億ドル。

原題:Goldman Shares Tumble as Trading Slides, Compensation Soars (2)Goldman Sachs Shares Sink as Trading Revenue Misses Estimates(抜粋)

(株価を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE