コンテンツにスキップする

香港政府、ハムスターなど約2000匹の処分命令-コロナ感染源の疑いで

  • ハムスターを販売しているペットショップは即時休業
  • ハムスターやチンチラ、ウサギを含む小動物が処分へ

香港政府は輸入されたハムスターが新型コロナウイルスの感染源となっている疑いがあるとして、ハムスターの処分を命じた。ハムスターを販売しているペットショップは休業となり、ペットショップを訪れた100人余りが隔離施設に送られた。

  オランダから輸入され、香港のペットショップ「リトルボス」で販売されていた10匹ほどのハムスターが新型コロナのデルタ株に感染していることが判明。この店の従業員がコロナ検査でデルタ株陽性と判定されるまで、デルタ株は香港で数カ月にわたり見つかっていなかった。

  香港でハムスターを売っているペットショップは合計34あるが、全店に対し即時休業するよう命令が出され、最近ハムスターを購入した人は処分のため当局にハムスターを引き渡すよう求められている。特にリトルボスからハムスターを購入した人は政府指定の隔離施設に強制的に収容される。

  ハムスターやチンチラ、ウサギを含む約2000匹の小動物が処分され、こうした小動物の輸入は停止されるとしている。

原題:Hong Kong Goes on Hamster Crackdown After Shock Delta Flareup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE