コンテンツにスキップする

トヨタ:2月生産計画15万台程度見直し、通期は900万台下回る見込み

トヨタ自動車は18日、半導体逼迫(ひっぱく)の影響を受け、2月のグローバル生産計画で15万台程度の見直しを実施し、2022年3月期生産台数は900万台を下回る見込みと発表した。

  • 2月の生産計画はグローバルで70万台程度を予定
  • 2月に全14工場28ライン中8工場11ラインで数日間稼働停止
  • 対象車種はカローラ、カムリなど

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE