コンテンツにスキップする

もっと大きな利上げ、米国債利回り上昇で市場は25bp以上を意識

  • 金の下振れリスクとなる公算、リスク資産にとってマイナスとの見方
  • グロース株とバリュー株のバランスを、ハイテク株は一段安の予想も
Jerome Powell, chairman of the U.S. Federal Reserve, during a Senate Banking, Housing, and Urban Affairs Committee confirmation hearing in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, Jan. 11, 2022. 

Jerome Powell, chairman of the U.S. Federal Reserve, during a Senate Banking, Housing, and Urban Affairs Committee confirmation hearing in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, Jan. 11, 2022. 

Photographer: Brendan Smialowski/AFP

米連邦準備制度が3月に利上げを実施し、年内にさらなる動きがあるとの投資家の観測が強まる中、米国債利回りは急速に上昇している。

  米10年国債利回りの2021年末から先週末までの上昇幅は30ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近くに達した。市場参加者はより早期かつより速いペースでの利上げを織り込み始めており、3月に0.5ポイント程度の利上げの観測も浮上している。

The 10-year Treasury yield has risen almost 30 basis points in 2022
 
 

  米国債利回り上昇が市場全般にどのような影響を及ぼすかについて、ストラテジストの見方は以下の通り。

資金流入の低迷

  サクソ・キャピタル・マーケッツでアジア太平洋地域部門の最高経営責任者(CEO)を務めるアダム・レイノルズ氏は17日の電子メールで、「利回り上昇の見通しは既により広範な市場に影響しており、今年の株式相場は低調な幕開けとなっている」と指摘。「通常なら1月は資金が流入し、アウトパフォームにつながることが多いが、今年はそうなっていない。私にとってより重要な検討事項は、米連邦準備制度のバランスシート縮小が早期に始まるとの見通しだ。流動性の大幅かつ早期の引き揚げは資産価格に悪影響を及ぼす」との見方を示した。

金に下振れリスク

  JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア担当チーフ市場ストラテジスト、タイ・フイ氏は17日の電子メールで、「当社の資産配分に関する総体的な見解は、22年の米利上げサイクル開始とその後の米国債利回り上昇のシナリオに基づいている」とした上で、「債券よりも株式を選好している。株式のバリュエーションは債券ほど要求水準が厳しくないというだけでなく、債券に関連するデュレーションリスクで22年にプラスのリターンを得るのが困難になりかねないためだ」と説明した。

  さらに、「利回り上昇、特に実質利回りの上昇は金などの利息を生まない資産にとって下振れリスクとなるだろう」と付け加えた。

グロース株対バリュー株

  ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・コスティン氏らストラテジストは14日のリポートで、「米連邦準備制度と金利、経済成長に関する見通しから、株式投資家がグロース株とバリュー株へのエクスポージャーのバランスを取るべきだということがうかがえる。当社の金利ストラテジストは利回り上昇が続くと予想している。これはグロース株よりもバリュー株を後押しするダイナミクスだ」と分析した。

ドル上昇力

  みずほ銀行の経済・戦略責任者、ビシュヌ・バラサン氏は17日のリポートで、「米連邦準備制度のタカ派姿勢でインフレ期待が押し下げられれば、米国債の実質利回りは上昇し、名目利回りの上昇に追いつき、追い越す可能性がある」と予想。「持続すれば、実質金利上昇は米ドルの上昇力を刺激するはずだ。実際にドル金利が上昇すれば、ドルに対する一方向の弱気ポジションはうまくいかないだろう」と警告した。

大型ハイテク株

  トールバッケン・キャピタル・アドバイザーズのマイケル・パーブスCEOは16日のリポートで、「テクノロジー株が弱い時期と金利が上昇している状況が重なり、 ナスダック100指数は一段安の展開になると考えている。それがより広範な指数への圧力につながらないとは考えにくい」との見方を示した。

リスク資産

  マニュライフ・インベストメント・マネジメントのグローバルマクロ戦略アジア責任者、スー・トリン氏は17日、「大まかに言って、実質利回りの上昇はリスク資産にとってマイナスだ。この5年間、実質利回りとリスク資産の相関関係はより強く、よりマイナスになっている」とコメントした。

原題:What Strategists See for Markets as Treasury Yields Spike (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE