コンテンツにスキップする

原油生産なお継続を「神に感謝」とダリオ氏、インフレ懸念高まる中

  • 業界へのファイナンス提供をやめれば不安定な影響をもたらす
  • 移行段階に「詰め込み」過ぎることは危険-「スマート」なシフトを

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者レイ・ダリオ氏は17日、化石燃料からのあまりにも急激な移行に警鐘を鳴らすとともに、インフレが高進する中で業界へのファイナンス提供をやめれば不安定な影響をもたらすだろうと述べた。

  「アブダビ・サステナビリティ―・ウィーク」会議での討論会で、ダリオ氏は原油生産者について、信頼できる供給を提供しているとして「神に感謝する」と述べた。

  ダリオ氏の発言は、世界各国が環境に配慮した経済に移行するあり方や、それが燃料価格や食品などさまざまな分野に及ぼしかねない影響に警戒するよう求める人々と立場を同じくするものだ。ただ、気候危機の緊迫性は高まっており、各国・地域政府が十分な措置を講じないと懸念される中、温室効果ガス排出削減の必要性は明白だ。

  ダリオ氏はグリーン経済への「スマート」なシフトを呼び掛けるとともに、移行段階に「詰め込み」過ぎることは危険だと警告し、「インフレが問題だ」と語った。

原題:Dalio Says ‘Thank God’ Oil Is Still Pumping Amid Inflation Scare(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE