コンテンツにスキップする

ファウチ氏、オミクロンがパンデミックの終焉を告げるのか判断は尚早

People wait in line to receive a Covid-19 test on January 4, 2022, in New York.

People wait in line to receive a Covid-19 test on January 4, 2022, in New York.

Photographer: ANGELA WEISS/AFP

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は新型コロナウイルスのオミクロン変異株について、コロナのパンデミック(世界的大流行)からエンデミック(地域的流行)への移行を告げるものになるのか判断するのは時期尚早だとの考えを示した。同氏はバイデン大統領の首席医療顧問を務める。

  ファウチ氏は17日、世界経済フォーラム(WEF)主催「ダボス・アジェンダ」のオンライン会議で「誰もが望んでいる生ワクチンにオミクロンがなるのかどうかはまだ分からない」と述べた。

  また「一つ一つの変異株に対してもぐらたたきゲームのように場当たり的に対応する状況には陥りたくない。そうした状況では、特定の変異株に対するブースターを開発する必要がある」と指摘。「コロナを永久的に追い掛けることになる」と語った。

原題:Fauci Says Too Soon to Say Omicron Heralds End of Pandemic (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE