コンテンツにスキップする

三菱UFJ銀が日銀に預けている当座預金、一部にマイナス金利

更新日時
Social Distancing Measures Inside An MUFG Bank Ltd. Branch
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

三菱UFJ銀行が日本銀行に預けている当座預金の一部にマイナス金利が適用される。日銀は毎月、業態別の当座預金残高を公表しており、昨年12月中旬から今月中旬までの残高は17日午後5時に公表する。

  三菱UFJ銀の日銀当座預金残高について、「マイナス金利が適用される政策金利残高に一部達する見込み」と同行広報部の堀野幹人氏が明らかにした。

  日経新聞電子版は同日、2016年の制度導入当初を除き、大手行にマイナス金利が適用されるのはほぼ6年ぶりで、三菱UFJ銀の21年12月中旬から22年1月中旬までの当座預金が適用条件に触れたとみられると報じていた。

  日経によると、今回、マイナス金利の適用対象となる三菱UFJ銀の当座預金は数千億円程度とみられ、同行が日銀に支払う金利は年間数億円になる公算が大きい。

  報道によれば、すでに地方銀行や信託銀行、ゆうちょ銀行などにはマイナス金利が課されているが、メガバンクは市場運用や海外での大口融資に資金を回して当座預金に資金を積まず、マイナス金利の適用を回避してきた。長引く低金利や新型コロナウイルス禍で支給された給付金などが預金の積み上がりに拍車を掛けたという。

  日銀は16年、銀行が日銀に預けている当座預金の一部にマイナス0.1%の金利を課すマイナス金利政策を導入した。

(三菱UFJ銀のコメントなどを加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE