コンテンツにスキップする

首都圏4都県「まん延防止等重点措置」を週内に適用へ検討-報道

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

政府は新型コロナウイルスの拡大を受けて、東京など首都圏4都県に対し、まん延防止等重点措置を週内に適用する方向で検討に入ったと、FNNが複数の政府・与党関係者の情報として17日に報じた。

  • 新たに重点措置を適用する検討に入ったのは、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県
    • 三重県や熊本県などについても、適用を検討
  • 岸田首相は、関係閣僚らと協議した上で、早ければ19日にも対策本部を開いて適用を正式決定する見通し
  • 備考:東京都の16日時点の新型コロナウイルス患者の病床使用率が、19.3%(前日17.9%)に上昇。小池都知事は病床使用率が20%に達した段階で、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考え

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE