コンテンツにスキップする

FRBは3月に0.5ポイントの利上げ必要、信頼回復で-アックマン氏

  • 将来に痛みを伴うより積極的な行動の必要性が抑えられる
  • インフレファイターとしての連邦準備制度の信頼感喪失が大きな問題

ヘッジファンド運営会社パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントを率いる資産家ビル・アックマン氏は、米連邦準備制度はインフレとの闘いに敗れつつあり、「信頼を回復するために」3月に予想を上回る0.5ポイントの利上げを行う必要があるとの見解を示した。

  アックマン氏は一連のツイートで、「最初に0.5ポイントの利上げをすればインフレ期待を低下させる反射的な効果があり、将来において経済的な痛みを伴うより積極的な措置を講じる必要性が抑制されるだろう」と指摘した。

  1980年代以来となる高いインフレ率への取り組みを求める議会や国民からの圧力にされされている連邦準備制度の当局者らは今月、3月の利上げや年内に4-5回の利上げを行う必要性にさえも言及している。

米利上げ年3回がベース、物価次第で5回も-ウォラーFRB理事

  アックマン氏は「未解決の重要な問題は、インフレファイターと考えられている連邦準備制度の信頼の喪失だ」と分析。最初に0.5ポイントの利上げを実施すれば「市場に衝撃を与え、畏敬(いけい)の念を起こさせ、市場はインフレに対する自らの解決策を明示することになろう」と付け加えた。

パウエル議長のインフレ対策を批判-1970年代を知るカウフマン氏

原題:

Ackman Says Fed Needs Half-Point Rate Hike to Regain Credibility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE