コンテンツにスキップする

【新型コロナ】シンガポール未接種者は解雇の恐れ、米タスクフォース

更新日時
Morgan Stanley headquarters in the Midtown neighborhood of New York, U.S., on Tuesday, Jan. 4, 2022. 

Morgan Stanley headquarters in the Midtown neighborhood of New York, U.S., on Tuesday, Jan. 4, 2022. 

Photographer: Amir Hamja/Bloomberg

シンガポールでは、オフィスのアクセスを巡る新たな規制が実施されるのに伴い、新型コロナワクチンの接種を拒否する人は解雇されるリスクがある。 

  バイデン米政権は将来の新型コロナ変異株や他のパンデミック(世界的大流行)の脅威への新たな対策を準備する組織「パンデミック・イノベーション・タスクフォース」を結成した。

  英国では新規感染者数が昨年12月末以来で初めて10万人を下回り、オミクロン変異株の感染拡大がピークを付けたとの期待が高まった

  ニューヨーク州ではオミクロン変異株の感染急増が「峠を越しつつある」と、ホークル知事が宣言した。13日の新規感染は州全体で4万9027人と、1週間前の9万人を大きく下回ったとバーチャル形式のブリーフィングで発表した。

  ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は約3億2330万人。死者数は550万人を上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計96億4000万回を超えた。

relates to 【新型コロナ】シンガポール未接種者は解雇の恐れ、米タスクフォース
 
 

原題:Singapore Workers Risk Jobs; U.S. Forms Task Force: Virus Update(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE