コンテンツにスキップする

FRB銀行監督担当副議長にラスキン氏、大統領の指名を正式発表

更新日時
  • FRB理事にクック、ジェファーソン両氏を起用-上院の承認必要
  • 空席は全て埋められ、大統領は多様性を高める公約達成へ

バイデン米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の銀行監督担当副議長にFRB理事や財務副長官などを歴任したデューク大学法学教授のサラ・ブルーム・ラスキン氏、FRB理事にリサ・クック、フィリップ・ジェファーソン両氏を指名した。ホワイトハウスが14日に発表した。

  いずれも就任には上院の承認が必要。承認されればFRB理事ポストの空席は全て埋まることになる。

  ミシガン州立大学の経済学教授、クック氏は承認されれば黒人女性として初のFRB理事となる。また、ノースカロライナ州にあるデービッドソン大学の経済学教授であるジェファーソン氏は連邦準備制度の100年余りの歴史で4人目の黒人男性の理事となり、大統領は金融当局のダイバーシティー(多様性)を高めるとした公約を果たす。

  バイデン大統領は指名について電子メールで声明を発表。「FRBの健全で独立したリーダーシップが求められている時だ」とし、ラスキン、クック、ジェファーソンの3氏はFRBに「幅広い知識と経験、専門性」をもたらし、米国が「強力で持続力ある回復に向けた道筋」をたどり続ける上で力となるだろうと記した。

関連記事
Fed Board of Governors Meet On Volcker Rule
サラ・ブルーム・ラスキン氏
Photographer:Andrew Harrer/Bloomberg

  金融当局が約40年ぶりの高インフレを抑制しようと取り組む中、今回の人選は労働市場の包摂的な回復に重点を置く専門家を理事に加えることを意味する。なお、大統領が先に再任を発表したパウエルFRB議長と、FRB副議長に指名したブレイナード理事は今週、上院銀行委員会の指名承認公聴会で証言した。

  銀行監督担当副議長へのラスキン氏の起用は、前任のランダル・クオールズ氏よりも規制に前向きな人材を求める民主党進歩派の期待に応えるものだ。クオールズ氏はウォール街に甘いとして民主党議員から厳しく批判されていた。

  ウォーレン上院議員ら民主党議員や進歩派グループは銀行監督担当副議長人事に強い関心を示し、大手銀行に立ち向かえる人材を起用するよう公然と求めていた。

  ただ、気候変動問題や人種間の平等など、金融当局の法律上の責務外の領域にまで関与を広げているとして批判してきた共和党議員はラスキン氏を攻撃する可能性が高い。上院共和党50人全員が反対で結束した場合、承認には民主党会派の造反を皆無とすることが求められる。

原題:Biden Puts Stamp on Fed With Bank Regulator, Board Diversity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE