コンテンツにスキップする

パウエル議長のインフレ対策を批判-1970年代を知るカウフマン氏

  • 今のFRBに断固たる態度で行動する「スタミナ」あると思えず
  • 直ちに0.5ポイント利上げし、追加引き上げのシグナルも発信せよ

ヘンリー・カウフマン氏は、1970年代の狂乱物価と現在の警戒すべき物価上昇について米ウォール街で権威を持って比較検証することができる数少ない1人だ。そのベテランが、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる今の金融当局がインフレとの闘いで準備ができているとは全く信じられないと話す。

  カウフマン氏はかつて「ドクター・ドゥーム(悲観博士)」の異名で知られるソロモン・ブラザーズの著名チーフエコノミストだった。同氏は破壊的な物価高騰の到来を正確に予言し、当時のボルカーFRB議長が1979年10月のある週末に「サタデー・ナイト・スペシャル」と後に呼ばれる抜本的かつ想定外の引き締め策を打ち出した際には賛意を示した。

関連記事
Henry Kaufman & Co. President Henry Kaufman Interview
ヘンリー・カウフマン氏
Source: Bloomberg

  そんなカウフマン氏にとって、パウエル議長は故ボルカー氏とは程遠い存在に映る。

  「今の連邦準備制度とその首脳陣に断固たる態度で行動するスタミナがあるとは思えない。彼らは小出しの対応となるだろう」と、カウフマン氏(94)は電話インタビューで語った。

  その上で、「市場の態度をもっとインフレ的でないものにするには、ショックを与えなければならない。少しずつの利上げで済むというわけにはいかない」とコメントした。

  パウエル議長は11日の上院銀行委員会での指名承認公聴会で、当局の政策を正常に回帰させていく「道のりは遠い」と述べ、インフレ抑制でもっと積極的な措置が必要になることはないとの見解をした。

  パウエル議長は緩和策の縮小・解除の計画について、雇用情勢にマイナスの影響を及ぼすことはないだろうと述べており、失業率の急激な悪化を招くことになったボルカー議長時代の引き締めとは対照的だ。

Latest inflation surge takes rate to early-'80s high
 
 

  カウフマン氏はパウエル議長に助言するとすれば、まず短期金利を直ちに0.5ポイント引き上げるとともに、追加利上げの用意についても明確なシグナルを発し、「極めて厳しい」態度で臨むよう呼び掛けるだろうと指摘。物価のスパイラル的上昇を阻止するためあらゆる措置を講じるとのコミットメントを明文化する必要もあると述べた。

  「米金融当局が高インフレに取り組むのが長引けば、民間セクターではインフレ心理が一段と定着し、システムにさらなるショックを与えなければならないだろう」とカウフマン氏は語った。

パウエルFRB議長
Source: Bloomberg

  カウフマン氏の見解では、パウエル議長は2021年を通じて主に2つのミスを犯した。一つめはインフレの一因を新型コロナウイルス禍の「計測不可能」な直接的および間接的な影響に帰したことで、もう一つはそれを一過性と呼んだことだという。

  「一過性という表現を用いるのは危険だ。一過性と言った瞬間、多少のインフレは容認するつもりであることを意味する」とし、それは経済と金融の安定を維持して「適度かつインフレなき成長」を達成するという金融当局の役割を損ねることになるとカウフマン氏は論じた。

原題:

Kaufman, 1970s Wall Street Dr. Doom, Blasts Powell on Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE