コンテンツにスキップする

米バークシャーが円建て社債の条件決定、6本立てで発行総額1285億円

米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが14日、円建て社債の発行条件を決めた。関係者によると、6本立てで発行総額は1285億円になった。2019年に初めて円建てで起債してから、今回で4回目となる。

  各年限の発行条件は以下の通り。

 スプレッド発行利率発行額
5年17bp0.203%230億円
7年25bp0.320%250億円
10年33bp0.472%444億円
15年43bp0.700%125億円
20年53bp0.917%70億円
30年58bp1.129%166億円

注)スプレッドはTONA(無担保コール翌日物金利)ミッドスワップ対比の上乗せ金利、1bp=0.01%

  円建て債は21年4月以来となる。債券格付けはムーディーズ・インベスターズ・サービスから「Aa2」、S&Pグローバル・レーティングから「AA」を取得する。

  バークシャーは19年に海外発行体として過去最大規模の総額4300億円で円建て債市場に登場。20年には日本の5大総合商社株を取得したことが明らかになり話題となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE