コンテンツにスキップする

北朝鮮、米の制裁強化に反発-対決姿勢には「一層強力に反応」と表明

  • 国営朝鮮中央通信が外務省報道官の談話を伝える
  • 米国が北朝鮮の「合法的な自衛権行使を問題視」していると主張

北朝鮮は14日、同国のミサイル発射を巡って米国が国連制裁強化の提案に動き、独自の追加制裁措置を発表したことについて、状況を一層悪化させる行為だと非難し、米国の対決姿勢には「一層強力かつ明白に反応せざるを得ない」と表明した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が外務省報道官の談話を伝えた。

  談話では、北朝鮮による最近の「新型兵器」開発は「国防能力の近代化の取り組みの一環にすぎない」とし、米国が北朝鮮の「合法的な自衛権行使を問題視するのは明白な挑発行為であり、強盗のような論理だ」と断じた。

  北朝鮮はさらに、「特定の国や勢力を標的にしておらず、近隣諸国の安全保障を損なうようなことはしていない」と主張した。

米政府、北朝鮮に対する国連制裁を提案へ-ミサイル発射受け

原題:North Korea Says U.S. Finding Fault With Right to Self-Defence(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE