コンテンツにスキップする

米最高裁、企業のワクチン義務化を阻止-バイデン大統領「失望」

米連邦最高裁判所は13日、一定規模以上の民間企業に従業員の新型コロナウイルスワクチン接種ないし定期検査を義務化するバイデン米政権のワクチン推進政策を阻止する判断を下した。

  これを受け、バイデン大統領は「大規模企業従業員の命を守る常識的な要件には科学と法律の両面で確固とした根拠があるにもかからず、最高裁が阻止する判断を選んだことに失望している」と述べた。

  大統領は声明で、「職場を従業員にとって可能な限り安全なものにするかどうか、そして、このコロナ禍の中でビジネスが消費者にとって安全なものになるかどうかの決定は、各州と個々の経営者に委ねられることになる」と説明した。

原題:Supreme Court Blocks Biden’s Shot-or-Test Rule for Workers (2)、Biden to Press Business on Vaccines After Supreme Court Ruling

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE