コンテンツにスキップする

米失業保険申請件数、23万件に増加-コロナ感染拡大の影響示唆

  • 新規失業保険申請は2万3000件増-2週連続での増加
  • コロナ感染拡大で雇用主が従業員をレイオフしている可能性がある
A job seeker fills out an employment application at a Job News USA career fair in Louisville, Kentucky, U.S., on Wednesday, June 23, 2021. T

A job seeker fills out an employment application at a Job News USA career fair in Louisville, Kentucky, U.S., on Wednesday, June 23, 2021. T

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

先週の米新規失業保険申請件数は通常の州プログラム下で前週から増加し、2カ月ぶりの水準となった。増加は2週連続で、このところの新型コロナウイルス感染拡大が人員削減につながっている可能性が示唆される。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数(8日終了週)は2万3000件増の23万件
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万件
    • 前週は20万7000件
U.S. initial jobless claims rose by the most since November last week
新規失業保険申請件数の推移
出典:米労働省統計局

  失業保険の継続受給者数は1日終了週に160万人に減少した。

  失業保険申請件数の増加は、最近のコロナ感染拡大を受けて雇用主が従業員のレイオフに動いていることを示唆している可能性がある。ただこの感染拡大の波もピークアウトの兆候が見られるほか、労働力不足が続く中で雇用主が従業員の引き留めに力を入れていることから、申請件数の増加傾向は長くは続かないとみられる。

  今回の申請件数増加は、ホリデーシーズンにおける季節調整の難しさを反映した面もあるとみられる。

  季節調整前ベースでは、新規失業保険申請件数は41万9446件に増加し、昨年5月以来の高水準となった。

原題:U.S. Initial Jobless Claims Rose to Highest Since Mid-November(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE