コンテンツにスキップする

クルーズ船運航のゲンティン香港、株価急落-クロスデフォルト懸念

  • ゲンティン香港株は一時60%安-売買再開後
  • 造船子会社MVウェルフテンがドイツの裁判所に破産申請

クルーズ船の運航を手掛けるゲンティン香港(雲頂香港)の株価が13日の香港市場で上場来最大の値下がりを記録した。同社のドイツ造船子会社が独裁判所に破産を申請したことを受け、ゲンティン香港は27億8000万ドル(約3185億円)に上るクロスデフォルトが生じる可能性があると投資家に警告していた。

  ゲンティン香港株は過去1週間、売買が停止。取引が再開された13日、同社株は一時60%下落し、56%安で引けた。マレーシアの富豪、林国泰氏が率いるゲンティンはカジノやホテルなど展開するコングロマリット。

 

Genting Bhd CEO Lim Kok Thay Says Cruise Business In Asia Is Booming
林国泰氏
写真家:Nicky Loh / Bloomberg

 

  ゲンティン香港は香港取引所への13日の届け出で、10日に破産申請したMVウェルフテン絡みの融資枠(8800万ドル)に関係する法的手続きは独裁判所が17日に出す判断次第だと説明した。

  ゲンティン香港は2020年8月、債権者向けの支払い計34億ドルを停止している。MVウェルフテンは地元政府に救済を求めたが合意に至らず、破産申請を行った。

Genting Hong Kong slumps as much as 56% after trading resumed
 
 
On Board the Genting Dream Cruise Ship Ahead of "Cruise To Nowhere"
ゲンティンのクルーズ船(香港、2021年7月)
 

 

原題:Genting Hong Kong Plunges Record 56% on Default Fears (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE