コンテンツにスキップする

TSMC、米市場でADR急伸-売上高増加の見通しを引き上げ

更新日時
  • 年平均15-20%の増収率を見込む-従来予想の約2倍に相当
  • 22年の設備投資計画は400億-440億米ドル-ADRは5.3%高
Logo at the Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. headquarters in Hsinchu, Taiwan, on Wednesday, April 7, 2021. 

Logo at the Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. headquarters in Hsinchu, Taiwan, on Wednesday, April 7, 2021. 

Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg

半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の米国預託証券(ADR)は13日の取引で急伸した。TSMCは売上高増加の見通しを引き上げるとともに、2022年について過去最大の支出計画を発表。半導体の旺盛な需要が今後数年間にわたって続くことが示唆された。

  TSMCのADRは一時9.7%高となった。終値は5.3%高。

  TSMCは現時点で、年平均15-20%の増収率を予想している。これは従来予想の約2倍に相当する。同社は1-3月(第1四半期)だけで166億-172億米ドル(約1兆9000億-1兆9600億円)の売り上げを見込む。これはアナリスト予想平均を少なくとも5%上回る。一方、22年の設備投資計画は400億-440億米ドル。

TSMC、1-3月売上高見通しが市場予想上回る-設備投資拡大

TSMC's growth is down from Covid heights but still far outpaces Intel's
 
 

原題:

TSMC to Spend at Least $40 Billion to Address Chip Shortage (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE