コンテンツにスキップする

バイデン政権、FRB理事候補選定で議会指導部と協力-NEC委員長

  • 適切なペースで配置できる日程で進められると確信-NEC委員長
  • ラスキン氏は銀行監督担当副議長の最有力候補と先に報道済み

バイデン米政権は連邦準備制度理事会(FRB)の残る3人の理事候補を最終的に絞り込むため、議会指導部と協力している。ディース国家経済会議(NEC)委員長が12日に明らかにした。

  ディース氏はホワイトハウスで記者団に対し、FRBの残る3人の候補選定について「われわれは議会指導部と緊密に協力しており、適切なペースで配置できる日程で進められると確信している」と述べた。

Senate Finance Committee Confirmation Hearing For Sarah Bloom Raskin As Deputy Treasury Secretary
サラ・ブルーム・ラスキン氏
 

  ブルームバーグ・ニュースは先に、FRB元理事で財務副長官を務めた経歴もあるサラ・ブルーム・ラスキン氏が、銀行監督担当のFRB副議長の最有力候補に浮上していると報じていた。

ラスキン元FRB理事、銀行監督担当副議長の最有力候補に-関係者

  バイデン大統領はFRB副議長(銀行監督担当)に加え、空席となっているFRB理事2人の選定も必要で、ホワイトハウスは近く候補を指名する見通し。エコノミストのフィリップ・ジェファーソン氏はFRB理事候補に指名される可能性が高い。

米大統領はジェファーソン氏をFRB理事に指名の見通し-関係者

  一方、上院銀行委員会の共和党筆頭理事を務めるトゥーミー議員は11日、ラスキン氏がFRB副議長(銀行監督担当)に指名される可能性について「深刻な懸念」を抱いているとコメントした。

原題:

Biden Working With Lawmakers on Nominees to Federal Reserve(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE