コンテンツにスキップする

不動産開発の融創中国、社債と株価が大幅下落-約665億円の増資

更新日時
  • 4億5200万株発行、1株当たり10香港ドル-資金繰り危機回避目指す
  • 香港上場の融創中国株、一時20%安-上場来で最大の日中下落率

中国の不動産開発大手、融創中国の社債と株式が13日に大きく売られている。同社は資金繰り危機の回避に向け、トップアップ方式の株式発行で5億8000万米ドル(約665億円)を調達した。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した条件によると、融創中国は1株当たり10香港ドルで4億5200万株を発行。12日終値を15%下回った。同社は昨年11月にも新株や不動産管理部門の持ち株売却で約9億5300万米ドルを確保していた。

中国不動産開発の融創、約1090億円調達-会長は自己資金で無利子融資

Sunac dollar bonds plunged to fresh record lows after share sale
 
 

  一部借り入れの返済にも充てるとする今回の資金調達でも、融創中国の中長期的な財務を巡る投資家の信頼を取り戻す効果は乏しかった。13日の取引では、同社のドル建て2024年償還債は額面1米ドルに対して46.3セントと2.7セント下落し、最安値を更新する方向。ブルームバーグ集計の価格が示した。22年償還債(表面利率7.95%)と23年償還債(同6.5%)もこのままいけば最安値となる。

  一方、香港に上場する融創中国株は一時20%安と、上場来で最大の日中下落率を記録した。

  売上高で中国3位の不動産開発企業である融創中国の財務状況を巡っては、本土部門が裁判所から資産凍結命令を受けて不安が広がっていた。

融創中国のドル建て債、最安値-裁判所が本土部門の一部資産凍結

原題:Sunac Bonds Resume Slide With Stock After $580 Million Sale (1)(抜粋)

(13日の社債価格や株価などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE