コンテンツにスキップする

金正恩氏、新兵器で米主導の先制攻撃抑止狙う-極超音速ミサイル誇示

  • 11日の試射で1000キロ先の標的に命中-国営朝鮮中央通信
  • 米財務省、大量破壊兵器と弾道ミサイル開発支援で北朝鮮5人に制裁

11日の夜明け直前、北朝鮮最高指導者の金正恩朝鮮労働党総書記は、極超音速ミサイルが「炎の柱」を描いて発射されたもようをモニターで見守っていた。米国のミサイル防衛システムをすり抜けて核攻撃を行う能力を持ち得る新兵器を確保する取り組みだ。

  国営朝鮮中央通信(KCNA)によると、ミサイルから分離された極超音速グライダーは240キロメートル「旋回機動」し、海上に設定された1000キロメートル先の標的に命中した。金正恩氏が兵器実験を視察したと公式に伝えられたのは2020年3月以来とされ、同国が「戦争抑止力の強化」につながるとする同ミサイルの重要性を裏付けた。

  11日のミサイル試射は今年に入って2回目だった。

金正恩氏が極超音速ミサイル試射を視察-「大成功」と国営メディア

relates to 金正恩氏、新兵器で米主導の先制攻撃抑止狙う-極超音速ミサイル誇示
ミサイル試射をモニターで見る金正恩氏(右、1月11日)
 

  北朝鮮の主張が事実かどうかは現時点で確認されていないが、同国の兵器開発プログラムの転換を象徴する出来事ではある。金総書記はこの2年余り、米国とその同盟国の迎撃システムを回避できるミサイル開発に注力してきた。米国主導の先制攻撃は、検討するには代償が大き過ぎると相手に認識させる狙いがある。

  こうした取り組みは、北朝鮮が2017年に見られたような米国との対峙(たいじ)を回避するのに役立つ可能性がある。当時のトランプ米大統領は、米国を脅し続けるなら北朝鮮は「炎と怒り」に遭うだろうと警告。北朝鮮を標的とする「ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦」に米政権当局者が言及したとも報じられていた。

  一連のミサイル試射は、18年のトランプ氏との歴史的な米朝首脳会談後も、金総書記が将来攻撃を受ける可能性を回避するための計画を推し進めたことを示している。

核クラブ

  新アメリカ安全保障センター(CNAS)の非常勤シニアフェロー、キム・ドゥヨン氏(ソウル在勤)は、北朝鮮が反撃能力を有するとの印象をつくり出そうとしていると分析。「最近のミサイルプログラムの前進は、核報復能力の確保やミサイルの近代化および存続可能性の強化に加え、米国に対抗する軍事力があると国民を安心させ、核クラブ入りを確実にすることを引き続き狙っていると示唆する」と述べた。

  金総書記は世界の核兵器保有国の仲間入りで立場を強化できると証明しようとする公算が大きい。弾頭を運ぶ極超音速グライダーなどの開発は、韓国や日本など米同盟国およびアジアの米軍基地への脅威になることで、金総書記が将来の交渉を有利に運べる可能性はある。

The Firing Line

Ballistic missile tests under Kim Jong Un

Sources: South Korea Ministry of Defense and Center for Nonproliferation Studies

  北朝鮮はこれまでのところ、バイデン政権から協議の呼び掛けを拒否しており、3年前にトランプ氏と金正恩氏の2回目の首脳会談が物別れに終わって以来、状況はほとんど変わっていない。

  ヌーランド米国務次官は11日に記者団に対し、北朝鮮のミサイル試射は「われわれを誤った方向に導いている」と発言。「政権発足以来、われわれは北朝鮮との対話にオープンだと述べてきた。コロナや人道的援助について協議することにもオープンだ」と語った上で、「それにもかかわらず、彼らはミサイルを発射している」と指摘した。

  米財務省は12日、国外在住の北朝鮮国民5人について、北朝鮮の大量破壊兵器および弾道ミサイル開発を支援したと認定したと発表。モスクワを拠点とするロシア企業パーセクについても制裁対象に加えた。

  ブリンケン国務長官は同日の声明でこの決定について、「北朝鮮による拡散活動の継続とそれを支える者に対し、われわれが重大な懸念を抱き続けていることを伝えるものだ」とコメントした。

米政府、北朝鮮に対する国連制裁を提案へ-ミサイル発射受け

relates to 金正恩氏、新兵器で米主導の先制攻撃抑止狙う-極超音速ミサイル誇示
極超音速ミサイルの発射実験(1月11日)
 

 

原題:Kim Jong Un’s Hypersonic Missiles Show He Can Hit U.S. Back (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE