コンテンツにスキップする

ブラックロックのリーダー氏、FRBはオーバーシュートを回避する

  • 3月利上げと予想、FRBは過剰反応しないだろう
  • 物価高止まりでも需要はほとんど減退せず、極めてまれな状況だ

米資産運用会社ブラックロックのグローバル債券担当最高投資責任者(CIO)、リック・リーダー氏は米連邦準備制度理事会(FRB)が3月に利上げを実施するとみている。

  同氏は12日に発表された昨年12月の米消費者物価指数(CPI)統計について、物価が執拗(しつよう)に高止まりしているにもかかわらず需要はほとんど減退していないとツイートで指摘。

  「歴史上、極めてまれな時期だ」とした上で、「市場参加者のほとんどはこれまでのキャリアで、実体経済での需要がこのように供給を上回ることを経験していない」と述べた。

  昨年12月の米CPIは前年同月比7%上昇と39年ぶりの高い伸びとなり、米金融当局が利上げの開始時期を早め、引き上げペースも加速するとの見方が強まった。

BlackRock Inc. Fixed Income Chief Investment Officer Rick Rieder Interview
リック・リーダー氏
Source: Bloomberg

  リーダー氏は需給の不均衡が向こう数カ月で改善するとはみていないものの、インフレ率は春と夏が近づくにつれて低下し得ると指摘。FRBは資産購入のテーパリング(段階的縮小)終了後、3月に利上げを行うと予想するものの、政策のオーバーシュート(行き過ぎ)については懸念していないと述べた。

  「われわれは連邦準備制度がこうした状況に過剰反応するとは思わない」とし、「緩和と引き締めは経済的に対称ではなく、市場の反応が機能するからだ。当局が金融システムから流動性を引き揚げる時には特にそうだ」と説明。金融市場がインフレ抑制のために必要な以上に反応する可能性があると指摘した。

原題:

BlackRock’s Rieder Thinks Fed Will Avoid An Overshoot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE