コンテンツにスキップする

ビットコインが上昇、一時4万4000ドル台-米CPI急上昇で

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは12日、1週間ぶりに4万4000ドルを突破した。米国で発表された昨年12月の消費者物価指数(CPI)が前年比で約40年ぶりの大幅な伸びとなったことから、インフレヘッジとしてのビットコインを巡る議論が再び活発となった。

  ビットコインは米CPI統計発表後に一時3.3%高の4万4085ドルをつけた。総合CPIは前年同月比で7%上昇。1982年以来の高い伸びだった。一部ではこれよりも高い伸びが予想されていたため、株式などリスク資産の上昇に寄与した。

  ジェネシス・グローバル・トレーディングで市場インサイツの責任者を務めるノエル・アチソン氏は「インフレヘッジに対する期待などではなく、リスク資産が再び注目されている」と述べ、その背景としてインフレ状況は予想通りで悪化していないことから、米金融政策当局は市場が織り込むほどの利上げはしないと考えている点を挙げた。

Bitcoin rose above the key level
ビットコインの推移
出所:ブルームバーグ

 

原題:Bitcoin Climbs After Inflation Jump Rekindles Hedging Debate

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE