コンテンツにスキップする

米消費者物価指数、前年比で39年ぶり大幅上昇-利上げ観測後押し

更新日時
  • 総合CPIは前年同月比で7%上昇-1982年以来の高い伸び率
  • コアCPIは前月比0.6%上昇-市場予想を上回る伸び
Pre-owned vehicles for sale at a Ford Motor Co. used car dealership in Detroit, Michigan, U.S., on Tuesday, Jan. 4, 2022.  reports CBS News.

Pre-owned vehicles for sale at a Ford Motor Co. used car dealership in Detroit, Michigan, U.S., on Tuesday, Jan. 4, 2022.  reports CBS News.

Photographer: Matthew Hatcher/Bloomberg

昨年12月の米消費者物価指数(CPI)は前年比での伸びが約40年ぶりの大きさとなった。早ければ3月の利上げ開始を米金融当局に迫るほどのインフレ高進が、あらためて浮き彫りになった。

キーポイント
  • 総合CPIは前年同月比7%上昇-前月は6.8%上昇
    • 1982年6月以来の高い伸び
  • 前月比では0.5%上昇-11月は0.8%上昇
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は0.4%上昇
  • 変動の大きい食品とエネルギーを除くコアCPIは前年同月比5.5%上昇-前月4.9%上昇
    • 1991年以来の大きな伸び
  • 前月比では0.6%上昇-11月は0.5%上昇
    • 市場予想は0.5%上昇

Hottest in Decades

U.S. headline inflation jumped in December by the most since 1982

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg survey

  12月のCPIの伸びは住居費や中古車の価格上昇が主因。食品の値上がりも寄与した。一方、2021年の大半を通じて主なインフレ要因となっていたエネルギー価格は先月は下がった。

  今回のCPIは、米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月の会合で利上げ開始を決定するとの見方を一段と強める内容だ。労働力と原材料の供給が制約を受ける中で旺盛な需要が続いており、インフレ高進は米金融当局の当初想定よりも根強く、かつ広範に及んでいることが示された。

  一方で失業率は4%を割り込んでいる。こうした状況を受け、一部の米金融当局者は、利上げ開始後に速やかに連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート縮小に着手するのが適切かもしれないとの見方を示している。

3月利上げ求める声、米金融当局者で高まる-メスター総裁らも支持

  バークレイズの米国担当チーフエコノミスト、マイケル・ゲーペン氏は、物価安定と最大雇用の実現という2つの責務の点で米金融当局が行動する環境は基本的に整っていると指摘。「異常値をもたらすようなイベントが発生しない限り、3月の利上げを止める要因は何も見当たらない」とブルームバーグテレビジョンで語った。

  12月の項目別では、エネルギーが前月比0.4%低下。ガソリン価格の下落を受けて昨年4月以降で初の下げとなった。食品は同0.5%上昇。食肉価格の値下がりを背景に前月からは伸びが若干減速した。

  CPI全体の約3分の1を占める住居費は、前月比0.4%上昇。住居費はCPI項目の中でも、より構造的な部分と考えられている。

U.S. consumer prices jumped in December, bolstered by goods and services
 
 

  米国では新型コロナウイルスのオミクロン変異株が猛威を振るう中、隔離措置や病欠による人手不足がサプライチェーンに一段と打撃を及ぼす恐れがある。オミクロン禍で旅行などのサービスに対する支出は減速し価格を押し下げるかもしれないが、財の価格はさらに上昇する可能性がある。

オミクロン株による欠勤、米景気回復を阻害する恐れ-人手不足広がる

  各企業は人員不足を解消しようと賃金の引き上げに動いている。ただ、物価上昇が実質的な賃金の伸びを相殺。別のデータによると、インフレ調整後の実質平均時給は12月に前年同月比2.4%減少し、昨年5月以降で最大のマイナスとなった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Inflation Hits 39-Year High of 7%, Sets Stage for Fed Hike

U.S. Dec. CPI Rose 0.5%, Above Estimate(抜粋)

(第6段落以降にエコノミストのコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE