コンテンツにスキップする

ローム、中国天津工場を9日から稼働停止-現地のコロナ感染制限で

Pedestrians cross a road below a surveillance camera, manufactured by Tiandy Technologies Co., operating from a traffic signal light as a screen displays information of jaywalkers in Tianjin, China, on Friday, Feb. 22, 2019. Tiandy manufactures surveillance cameras and facial-recognition surveillance systems.
Pedestrians cross a road below a surveillance camera, manufactured by Tiandy Technologies Co., operating from a traffic signal light as a screen displays information of jaywalkers in Tianjin, China, on Friday, Feb. 22, 2019. Tiandy manufactures surveillance cameras and facial-recognition surveillance systems. Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

ロームは中国天津工場の稼働を1月9日から一時的に停止していると、12日に発表した。現時点での稼働再開時期は未定だという。

  現地では新型コロナウイルス変異株の感染を受けて、人の移動に制限が課されていると同社は説明している。

  同工場の主な製造品目はダイオードと発光ダイオード、半導体レーザー、光センサー、LEDディスプレー。

ローム株上昇、11カ月以上で最大 -TOPIXより大幅な上昇

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE