コンテンツにスキップする

インド最大のIPO、23兆円超の生保公社評価額を政府目指す-関係者

  • インド生命保険公社、EV4兆ルピー超なら市場評価額は4倍程度か
  • EV記載のIPO目論見書、1月31日からの週に提出される公算大

インド政府は新規株式公開(IPO)の準備を進めているインド生命保険公社(LIC)について、IPO時の同社評価額を約15兆ルピー(約23兆4000億円)とすることを目指している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に述べた関係者によれば、保険会社の企業価値を表す指標の一つであるエンベディッドバリュー(EV)はLICで4兆ルピー余りとされる可能性があり、市場での評価額はその4倍程度になり得る。IPOのアレンジャー各社はEVに関する最終報告を待っており、その内容次第で政府が目指すLICの評価額が変わる可能性はある。

  IPO目論見書は今月31日からの週に提出される公算が大きく、EVはそこに記載される。LICのIPOはインド最大規模となる見込みで、3月末までの実施を予定している。

  財務省報道官の携帯電話にコメントを求め電話したが応答はなかった。LICはコメントを控えた。

関連記事:

原題:India Said to Seek $203 Billion Value for Insurer in Biggest IPO (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE