コンテンツにスキップする

資産家サリナス氏、米シティグループのメキシコ事業買収に関心

メキシコの資産家リカルド・サリナス氏は自身が率いるチームに対し、米シティグループのメキシコのリテール事業「シティバナメックス」の買収を検討するよう要請したとツイッター投稿で明らかにした。シティはこの数時間前、同国の消費者向け銀行業務から撤退する計画を進めていることを開示していた。

シティグループ、メキシコの消費者向け銀行業務から撤退へ

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、サリナス氏の純資産は139億ドル(約1兆6040億円)。中南米で幅広く事業を展開する金融・小売りの複合企業グルポ・エレクトラなどの会長を務める。同氏はツイッターを積極的に活用しており、昨年12月にはエレクトラの店舗がビットコインによる支払いを受け付けると発表した。

メキシコ大富豪、傘下の銀行がビットコイン受け入れに「取り組む」

原題:

Mexican Billionaire Salinas Says He’s Interested in Citibanamex(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE