コンテンツにスキップする

シンガポール政府系GICに16兆円近く流入も-外貨準備の余剰分移管

  • 法改正でシンガポール通貨庁からGICへの外貨準備移管が容易に
  • 準備高最適にするため1850億シンガポール・ドルの移管必要-財務相

シンガポールの政府系ファンド(SWF)、GICは運用資金が大きく増える見込みだ。法改正を受け、中央銀行に相当するシンガポール通貨庁(MAS)から外貨準備の余剰分をGICに移管しやすくなるためだ。

  同国議会は11日、MASによる準備金管理政府証券(RMGS)購入を可能とする法案を可決した。RMGSは政府が発行する市場性のない新たなタイプの証券で、MASの外貨準備高を国内総生産(GDP)の65-75%相当に減らすために活用される。余剰分をGICが運用することになる。

  ウォン財務相は外貨準備高を最適な水準にするため1850億シンガポール・ドル(約15兆8000億円)を段階的に移管する必要があると述べたが、時間枠は示さなかった。準備高は現在約5660億シンガポール・ドル。

  同財務相はMASが必要以上の外貨準備を保持し続けるのは「非効率的」だとも指摘。「比較的安全かつ流動性重視のMASの投資姿勢により、外貨準備のリターンが限定されるためだ」と語り、MASよりも高めのリターンを追求するGICが余剰分を運用することは政府にプラスだと付け加えた。

原題:Singapore’s GIC Set to Manage Extra $137 Billion in Reserves (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE