コンテンツにスキップする

GPIF、プライベート・エクイティの運用受託機関に三菱UFJ信託銀

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は12日、プライベート・エクイティ(日本特化型)の運用受託機関として、三菱UFJ信託銀行とエー・アイ・キャピタルを選定したと発表した。

  • ゲートキーパー兼ファンド・オブ・ファンズ・マネジャー:三菱UFJ信託銀行
  • ファンド・オブ・ファンズ・マネジャーへの投資助言:エー・アイ・キャピタル

  GPIFは2017年4月から、オルタナティブ資産にファンド・オブ・ファンズ形式で投資する運用受託機関を公募していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE