コンテンツにスキップする

ゲイツ氏、コロナ新規感染は大幅減へ-オミクロン株の波通り過ぎれば

  • 新型コロナをインフルのように扱い得るとゲイツ氏
  • しばらくの間、年1回のワクチン接種必要だろう
ビル・ゲイツ氏

ビル・ゲイツ氏

Photographer: Robert Perry/EPA

資産家で米マイクロソフトの共同創業者、ビル・ゲイツ氏は英エジンバラ大学のデビ・シュリダール教授とのツイートでの討論で、各国で新型コロナウイルスのオミクロン変異株の現在の波がいったん通り過ぎれば、年内は新規感染者がはるかに少なくなるとの見通しを示した。

  同氏はそうなれば新型コロナ感染症(COVID19)は季節性インフルエンザのように扱うことができるだろうと指摘。「感染力がさらに強い変異株が現れる可能性は低いが、コロナ禍では予想外の出来事が多く起こってきた。オミクロン株は少なくとも向こう1年間は強い免疫をもたらすだろう」と説明した。

  ゲイツ氏はその上で、人々は「しばらくの間、年1回新型コロナワクチンの接種」を受けなければならない可能性があるとした。同氏は自身の財団を通じて新型コロナと闘う世界の国・地域を支援している。

  同氏がワクチン接種済みの人全員にマイクロチップを埋め込もうとしていると主張する陰謀論については、腕にマイクロチップを埋め込んでも意味がないと否定した上で、自分たちや米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長などは偽情報の標的にされていると述べた。

原題:

Bill Gates Expects Fewer Covid Cases, Yearly Shots After Omicron(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE